屋根の塗り替え

屋根塗装(瓦棒)

 

屋根(瓦棒)の写真です。

前回塗装してから12年経過しているそうです。

色褪せしていて塗装も剥がれています。

どのような工程で屋根塗装が進んでいくかご説明いたします。

 

高圧洗浄

 

 

長年ついているホコリやコケを高圧洗浄で

除去します。

 

電動工具でケレン(掃除)

 

 

鉄板に塗装する場合は必ずケレン(掃除)した後

塗装を行います。

なぜ電動工具でケレンを行うか?

細かい傷をつけることにより塗料は付着率が

高まりますので電動工具で目粗しすれば、より

効果があるというわけです。

 

錆止め

 

 

弊社は塗料の特性で2液性エポキシ樹脂系塗料の

錆止めを使用しています。

2液性とは主剤と硬化剤が分かれている事です。

エポキシ樹脂とは密着性に優れているためよく下塗り

に多く使われています。

このことから2液性を使うことにより強制的に反応硬化させて

鉄板に密着させます。耐久性は抜群です。

 

 

上塗り

 

 

上塗りの塗料は2液性遮熱シリコン樹脂塗料です。

遮熱塗料は反射率を高め、熱を通しにくい効果があります。

2液性はご説明した通りです。

 

塗装前・塗装後

 

塗装前

 

塗装後

 

上塗りの色はチェスナットという色です。

塗装前と比べて鮮やかで、美観・耐久性とも抜群です。

お客様にも大変喜ばれました。

次回は鉄骨ベランダについてご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

タスペーサー

 

今日は[縁切り部材 タスペーサー]からの

工程順序をご説明いたします。

 

 

シーラー(接着剤)を塗装した後、タスペーサーを

施工します。

屋根コロニアルを塗装する際には重要な工程

になります。

 

中塗り

 

 

お客様からご指定された色で中塗りをします。

塗り残しのないように塗装します。

 

上塗り

 

中塗りと同じ色で上塗りをします。

塗料は基本的には上塗り材を2回塗装する

設計になっています。

今回の材料は2液性遮熱シリコン塗料で塗装しました。

 

完成

 

 

2液性遮熱シリコン塗料を塗装

することにより反射率を高めます。

実際には白色を塗ればもっと効果的に反射率を

高めることができますが

お客様のご希望によりスレートブラック色で塗装しました。

下地が著しく傷んでいる場合は違った工程もあるので

次回ご紹介できればと思います。

 

 

 

 

 

屋根コロニアルの工程順序

 

住宅リフォームの中でまず最初に外壁塗装

をリフォームするお客様が多いと思います。

その中で屋根は雨や紫外線が常にあたる部分なので

しっかりとした知識が求められます。

今日は屋根コロニアルの工程順序をご紹介いたします。

 

高圧洗浄

 

どんなに性質のいい塗料を塗装しても

コケや藻を完全に除去しなければ意味がありません。

写真にあります通り、高圧洗浄機で 洗って

十分乾燥期間をとります。

 

棟・水切りの錆止め

 

施工写真にあります通り、棟や水切りは鉄板が

多いです。錆が出にくい性質はもちろんありますが

上塗りとの密着性が一番いいのも事実です。

 

シーラー(接着剤)

 

シーラーは上塗りとの密着性を高める

性質があります。接着剤を創造していただければ

いいと思います。

たっぷり塗装するのがポイントです。

 

次回は[縁切り部材 タスペーサー]から

ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高圧洗浄

 

今日は屋根コロニアルの高圧洗浄についてお知らせいたします。

10数年経過した屋根は写真にあります通り

コケや藻の付着が目立ちます。

いくら性能の良い塗料を塗装しても汚れを除去

しなければ意味がありません。

 

高圧洗浄機を使ってコケや藻を除去します。

水が出ています先端はターボノズルといって

水圧が強く、汚れをきれいに落とします。

近隣の方を考慮しますと防音型の高圧洗浄機を

使用するのが良いと思います。

このような状態にして十分な乾燥期間を

とってから塗装に入ります。

次回は屋根コロニアルの塗装工程について

お知らせいたします。

 

 

屋根コロニアル塗装

 

今日は屋根コロニアル塗装について

重要な工程をお知らせ致します。

[縁切り]という言葉を聞いた事ありますか?

塗装した際に屋根の重なり部分が塗料で詰まって

カッターなどで除去する事を言います。

[縁切り]を怠ってしまうと雨漏りの原因になります。

 

雨漏りの原因

 

屋根コロニアルは雨が降ると継ぎ目から

必ずはいります。

重なり部分が塗料で詰まってしまうと水が

ぬけなくなります。

コロニアルは釘でとめていますからそこから水が

入ってしまうわけです。

そこでカッターなどで塗料を除去すればいいのですが

完全に取りきるのは難しいのが現実です。

そこで写真でも載せてありますが

[縁切り部材 タスペーサー]という商品です。

 

縁切り部材 タスペーサー

 

屋根コロニアルの継ぎ目部分から10㎝はなして差し込みます。

そうしますと2~3㎜ 程度隙間が生まれます。

雨が降っても水はぬけますし、通気性も確保されます。

[縁切り部材 タスペーサー]を施工することにより

塗装した際の雨漏りの心配が解消されます。

とても重要な工程になります。

次回は屋根コロニアルの高圧洗浄についたお知らせいたします。